2018.09.18

[対談:前編] 美容と、おいしいコーヒー - 美容誌『美的』×ミカフェート -

小学館ビルの正面入り口右手にあるミカフェート 一ツ橋店。そのカフェカウンターでは日々様々な会話が交わされ、時には思いもよらない魅力的な新商品が生まれています。

対談:株式会社 小学館 美的ブランド室 編集長 町田 玲子 様 × ミカフェート 取締役 副社長 富田 拓朗
(以下、敬称略)


ミカフェートコーヒーとの出会い


富田:町田さんにとってコーヒーってなんですか?コーヒーとの出会いは?

町田:そもそも私の母親がすごくコーヒー好きなんです。私が小学生くらいの頃から母親は本当に毎日コーヒーを飲んでいて、コーヒーがとても身近にあったんですけど、子どものときは飲めなくて。学生のときもあまり飲んでいませんでした。苦味や渋みの強いコーヒーが当時は一般的だったので、なかなか飲めなくて。たくさん飲むようになったのは社会人になってからだと思います。編集者って撮影の合い間とか、夜遅くまで起きていたりするときにコーヒーをよく飲むんですよ。コンスタントに仕事するときには必ずコーヒーを飲んでいました。


町田:実は数年前「たまには家でおいしいコーヒーを淹れようかな」と思いたって、百貨店に行ったときにペットボトル入りのコーヒー豆を見つけたんです。おしゃれだし、ペットボトルだと香りが長持ちするじゃないですか。粉だと家で飲めるかなと買って帰ったんです。家で淹れて飲んでみたら、あれ、こんなにおいしいコーヒーがあるんだ、とびっくりしました。

それから半年くらい経ってここ(小学館ビル)にミカフェート 一ツ橋店ができたときにコーヒーを飲ませて頂いて。色は薄いのに味はしっかりあるし、香りも立っているし、こんなにおいしいんだ、じゃあ買っていこうかなと思ってパッケージを見たら、あれ?ペットボトルだ、そうか、以前購入して飲んだコーヒーはミカフェートのなんだって、自分の中でつながったんです。

※COFFEE HUNTERS シリーズはハイバリアペットボトルで焙煎後のコーヒー豆のアロマを閉じ込め、長期間の保存を実現( 商品一覧

町田:それで飲み始めたら、家で淹れるからおいしいんじゃなくて、コーヒー豆自体がおいしいんだということに気がついて。

富田:それは、とてもすてきなお話ですね。

町田:最初に飲んだのはサン ミゲルだったと思います。お店の方に何を最初に飲んだらいいか聞いた時にカフェ オレをよく飲むって話をしたら、サン ミゲルがいいですよって言ってくださって。丁寧に説明していただいて、飲んだら本当においしかったんです。ミルクを高温にして泡立ててサン ミゲルにのせて飲んだら、そこからはまっちゃったんですよ。

富田:それが、きっかけだったんですね。確かにサン ミゲルはミルクとの相性、抜群だと思います。疲れた夜に、あえてサン ミゲル ダークを選んで、たっぷりのミルクを入れても癒やされます。

町田:そうなんです。最初サン ミゲルを飲んで、こちら(ミカフェート 一ツ橋店)に通うようになって次のおすすめを聞いていくうちに、ハワイコナも飲んだし、ブルマンも飲んでいるし、ピンクのボトル(エル サルバドル)もあるし、バレンタインデー限定も買ったし、そんな風にどんどん増やしていったんですよ。

※国ごとに色分けされたCOFFEE HUNTERSシリーズと、シーズン限定ブレンドが並ぶ( 画面奥 )

そうすると今度は色んな種類を飲み比べできるじゃないですか。本当に朝の楽しみが増えてしまって。今日の朝どんな気分かなという感じで。あと開けたときの香りの立ち方が、朝香るとすごくハッピーな気持ちになるんですよね。正直にいうと、今日は会社に行きたくな~い!って日もあるわけですよ(笑)。そんなときに新鮮なコーヒーの香りがフワリとたちのぼると、やっぱりがんばろうって気持ちになる。コーヒーにはそういう力があるんだなって身をもって感じているんです。

富田:はい。それ、イヤっていうほどよくわかります・・・!

町田:そのおかげで、最初は粉を買っていたのに、だんだん本物が飲みたくなってきて、今度は豆で買い始めて、ミルを買って挽いてみたら、挽いているときの香りも最高だし味も全然変わって。挽いているのは家族なんですけど(笑)。粗挽きとか、味も変わるからいろいろやってみるようになりました。


美容とコーヒー



町田:私の携わっている「美的」は美容誌なので、コーヒーをおすすめするポイントのひとつとしては…

富田:美容ですか?

町田:そうなんですよ。ポリフェノールの一種のクロロゲン酸というのが血管力の向上にいいというので、コーヒー豆がすごく見直されているという話を聞いて、クロロゲン酸が入っている美容ドリンクとか、そういうものを記事でも取り上げるんですけど、血管力を上げるって本当に大事なことなんですよね。美肌になるには中からきれいにならないと、という中での、ひとつの成分としてクロロゲン酸というものが注目されています。

富田:クロロゲン酸って代表的なものが2種類あるんですよ。モノクロロゲン酸というものと、ジクロロゲン酸とうものがあるんです。どんなコーヒーでも必ずこの2種類のクロロゲン酸が存在しています。モノクロロゲン酸の比較的多いコーヒー生豆はチェリーの熟度が高く、よって焙煎して抽出したときに甘みを強く感じます。またジクロロゲン酸が多い生豆は熟度が低く、コーヒーは渋くなります。モノクロロゲン酸はキナ酸にコーヒー酸が一個くっついたものです。


町田:おおまかに2種類あるんですね。

富田:そうなんです。そしてキナ酸一個に対してコーヒー酸が二個くっついているものがジクロロゲン酸なんですね。

町田:全然違うんですか。

富田:はい、名前は似ているけれど中身は全然違います。ただ人間ってよくできていて、味覚って何のために生まれたかというと、原始の時代っていろんなものが腐っていたり、毒が多かったわけです。だから食べて危険かどうかを検知するために―

町田:確認するんですね。

富田:苦い、渋いと感じることによって、体に入れてはいけないものであると認識してきました。モノクロロゲン酸の割合の多いコーヒーは渋味が少ないので、より甘いって感じると思います。

町田:よくある渋くて飲みにくいコーヒーはジクロロゲン酸の方だということですね。

富田:ミカフェートのコーヒーって全然渋くないじゃないですか。

町田:渋くない。むしろさわやかだし、甘みがあるし。さわやかってあまりブラックで感じたことないので。

富田:ありませんよね?飲みやすいし。研究所なんかでも分析してもらったりすると、明らかに数値が違うんですよ。これがおもしろくて、うちの中でもCOFFEE HUNTERSよりPremier Cru Café、Premier Cru CaféよりGrand Cru Caféの方がモノクロロゲン酸が多い。

町田:そうなんですね。ものがいい、おいしいっていうものはそういうことになっているんですね。

富田:甘いっていうのはそういうことなんだと思います。

GINZA SIX 13F GRAND CRU CAFÉ GINZA

町田:甘み。すごいですね。クロロゲン酸でこんなに語れるって。

富田:だけど、今やっと、世間がここまできたんだと思います。

町田:最近ですよね。

富田:そう。ミカフェートは昔からやっていて。

町田:そうですね。変わってきましたよね。

富田:やっとあたりまえに良質なコーヒーが、本当においしいコーヒーとして認識されるような時代になって来ていると思います。


内側から綺麗に


富田:最近は、いわゆる腸活とか、すごく頑張っているじゃないですか。みなさん。外だけじゃなくて中ってすごく大事って言われていますよね。

町田:そうなんですよ。うちも結局行き着くところはそこで、外からきれいになるというのもすごく大事なんですけど、中からのケアが重要なんです、肌のよさって。

富田:たとえば、血管力ですよね。

町田:そうなんですよ。血管力も最近見直されていて、腸活と方向性は違うけれど、考え方は一緒で、体の中の機能をちゃんと動かすということが、美肌とか全体の健康につながるんですよね。「美的」の特集でも血管力、腸活という言葉はすごく引きがあります。この2つはみんな、すごく意識しているかもしれない。

富田:クロロゲン酸には脂肪を燃焼しやすくする効果があると言われていてます。ちなみにクロロゲン酸はポリフェノールの一種ですから抗酸化作用も期待できます。

町田:そうなんですか。そういえば(ミカフェートの人は)みんなスリムですね。関係あるかわからないけど。

富田:それ!あながち有り得ない話じゃ無いかもしれませんね!私はとくに油ものを食べた後には、おいしいコーヒーを飲むようにしていますよ。

町田:やっぱり最後のコーヒーって必要なんですね。でも、身体に悪いって言われる事もありますよね?

富田:いろいろお話ししましたが、ジクロロゲン酸による渋味が多いものや欠点豆が多数混入しているものは、浅煎りではとても飲むに堪えられません。だから深煎りにする。深煎りは当然苦い。けっきょく大事なことは、渋くなく苦くない、甘くおいしいコーヒーを飲むことが大切だと思います。ちなみにクロロゲン酸は焙煎が深くなればなるほど減っていきますから。

町田:ずいぶん前までは悪いコーヒーしかないくらいだった…とか?

富田:何故ミカフェートのコーヒーは甘いのか?コーヒーって実は「フルーツ」なんですよ。「生鮮食品」なんです。僕ら言ってみれば「青果商」なんですよ。フルーツとして扱っているからこそ、こうして生豆を脱酸素してパックに入れて定温保管しているんです。


富田:ただ、最も重要なことは、町田さんはワインがお好きそうなので、テロワールってよく聞かれると思いますが、そのテロワールに合った品種を植えることなんです。

町田:合うか合わないかは、そこからなんですね。

富田:たとえばワインで言うとピノとかメルローとか、いろいろあるじゃないですか。同じように、コーヒーだったらティピカとかとかゲイシャとかブルボンとかあるわけです。

町田:いっぱい種類があるんですよね。

美的カフェ



町田:「美的」は30歳前後の女性をターゲットとした主に美容に特化した美容誌で、スキンケアやコスメもメインで取り扱っていて、ボディケアやインナーケア、ヘアケア等も含めた総合的な美の教科書的な内容を目指して作っている雑誌なんですけど、その一環で読者のみなさんに商品のことをより深く理解してもらうために、ここミカフェート 一ツ橋店で25人くらいの読者を招いて、ミニセミナーを行う「美的カフェ」が始まったんです。

たまたま私がコーヒーを好きだったことと、読者のみなさんがコーヒーおいしいねと言ってくれた事もあって、それなら「美的」ならではのコーヒーをブレンドでいっしょに作りませんかという話をミカフェートさんからご提案いただいたんですよね。色々なコラボ商品のお話も聞かせていただいて、うちもそんなことができるならやってみたいと思って。

※美容誌『美的』とミカフェートのコラボ商品『美的ブレンド』。左「ブラック」、右「カフェ オレ

町田:最初にお願いしたのは、ブラックでした。カフェ オレは飲むけれど、ブラックは飲んだことがない読者が多かったので。ブラックで飲んでも苦味とか渋みとか『男の人が飲むもの』という印象を持っちゃっている人が多いんですよ。目を覚ますときに飲むものみたいな。そういう刺激を目的に飲むんじゃなくて、味としてブラックを楽しんでもらえるものがミカフェートさんにはあるので。ファーストブラックコーヒーとして楽しめるものにしていただきたくて。

富田:ファーストブラックコーヒー。このフレーズ、とてもいいですね。

町田:カフェ オレの方は、自分が飲んでいるってこともあるんですけど、やっぱりミルクをのせて飲む方が多いから、ミルクをのせたときにコーヒーの味が死なず、強すぎず、ミルクと調和してちょうどいい味になるコーヒーがほしいなというオーダーでカフェ オレブレンドを作っていただきました。

富田:これは、本当に最強の一杯になりましたよね。

後編へ続く
おすすめ商品の画像

SHARE

前の記事
9月ドリップセミナー開催日程
次の記事
[対談:後編] 新鮮なコーヒーと明るい店内 - 美容誌『美的』×ミカフェート -

Related Articles