2020.02.27

Premier Cru Café「アントニエタ農園 カシータ」「アントニエタ農園 カシータ ナチュラル」数量限定先行販売

良質なマラゴジッペ亜種を生産するエル サルバドル アントニエタ農園より、Premier Cru Caféクラスとして新たに2銘柄が登場いたします。
コーヒーハンター José. 川島 良彰はミカフェート創業以来、本当においしいマラゴジッペを復活させたいという思いのもと、世界中のコーヒー農園を探し訪ね歩いてまいりました。しかし、心から満足のできる品質に出会うことは長らくありませんでした。
そして2018年、ようやく巡り会えたのがエル サルバドル アントニエタ農園のマラゴジッペです。エル サルバドル東部サン ミゲル火山の東側斜面1,000m~1,450mに縦長に広がるアントニエタ農園。ドイツをルーツに持つオーナーのジャスパーソン家は、1,400m以上の畑を「カシータ」と名付けました。

今回紹介させていただくのは、この一級畑のマラゴジッペを、それぞれエル サルバドル伝統のウォッシュト製法と、野心的なナチュラル製法で仕上げた2銘柄となります。

■Premier Cru Café アントニエタ農園 カシータ(ハーフボトル)
透けて見えるような鮮やかな酸と、とろりとしたマウスフィールが持ち味のふくよかなボディ。口中をころがすようにして味わえばこの銘柄特有のエレガンスを堪能出来る。
【風味】どっしりと香ばしいフレグランス。リンゴやマスカットの爽やかさに、スパイスや葉巻のような大人の滋味も加わる。アフターはアニスやハッカのニュアンス。
【Label Story】茜色の帷帳になじみゆく太陽の気配を感じさせる酸。それはまるで子を守る獅子たちの面影にも似て、あたたかくて優しい。

■Premier Cru Café アントニエタ農園 カシータ ナチュラル(ハーフボトル)

絹絵に描かれた一筋の陽光。おぼろげで在りながらも確かなフレーバーは軽やかでいて芳醇な余韻を持つ。温度帯による表情の変化が魅力。
【風味】トロピカルフルーツを思わせる鮮やかな香りに、ほのかな樽香が折り重なる。味わいはジューシーなパイナップル、ストロベリー、プルーンと続き、切ないまでに柔らかなアフターテイストで締めくくる。
【Label Story】朝靄の中、霧雨が熄んだ静寂に浮かぶ清らかな蜃気楼。夢ではない確かな味わいは心の奥底にヴェールとなって折り重なるよう。

各店舗では、3月7日(土)より販売開始となりますが、オンラインストアでは本日より受注を開始、各銘柄15本ずつの数量限定先行販売となりますので、お求めの際はお早めにご注文ください。
〔内容量〕焙煎豆100g
〔販売価格〕ハーフボトル 3,000円(税込)
〔発売日〕オンラインストア 2月27日(木)/ 店舗 3月7日(土)
〔取扱い〕オンラインストア/ミカフェート各店 ※1
※1 GRAND CRU CAFÉ GINZA、一部店舗を除く。
※ハーフボトルのみの数量限定先行販売となります。

SHARE

前の記事
2020年2月「一ツ橋店」営業時間変更のお知らせ(2月26日 更新)
次の記事
COFFEE HUNTERS「Edición de Primavera」春限定発売

Related Articles