How To Drip
おいしいホットコーヒーの淹れ方

1.抽出器具の準備

スムーズに抽出を行う為に、準備を整えます。

  • コーヒー豆
  • コーヒーミル
  • ドリッパー
  • フィルター
  • サーバー
  • コーヒーポット
  • 温度計
  • ドリップスケール
  • 微粉取り
  • 抽出後にドリッパーを受けるもの(グラス等)
  • ドリップスタンド
  • カップ(必要数)

※抽出器具をお持ちでない場合は、こちらから購入できます



2.計量

コーヒー豆は、焙煎度はもちろんのこと、品質によっても密度が異なります。そのため、計量の際は秤を使って重さではかるのがポイントです。
ミカフェートおすすめのレシピ
2杯分:豆36g - コーヒー300ml



3.コーヒー豆を挽く

挽き具合は中~粗挽きがおすすめです。粗さにバラつきの出にくいミルを使用しましょう。



4.微粉を取り除く

目の細かい茶こしなどを使って粉に含まれる微粉を取り除くと、よりクリアな味になります。



5.お湯を沸かし、ドリップポッドで温度を調節する

抽出するお湯の温度が高いと苦味が強く出やすいため、沸騰させたお湯を85〜90℃まで下げます。
ミカフェートのおすすめは87℃です。沸騰したお湯を一度サーバーに注いでからドリップポットに移すと90℃前後まで下がります。
お湯の量は、抽出の途中で足りなくならないように多めに用意してください。



6.お湯を注ぐ

挽いた粉をフィルターに入れてドリッパーにセットし、軽く揺すって平らにならします。
やさしくお湯を置くイメージで、粉の中心から円を描くようにお湯を注ぎます。



7.蒸らし

全体が湿る程度にお湯を注いだら、一度止めて約30秒蒸らします。
お湯が全体に行き渡ると、コーヒー豆に含まれていたガスが外に出る影響で粉全体がふっくらと、チョコレートマフィンのように膨らみます。この膨らみが鮮度の証です。



8.再びお湯を注ぐ

蒸らしが終わったら、再び中心からお湯を注いでいきます。この時、蒸らしで膨らんだ粉の高さをキープする事がポイントです。
描く円の大きさを少しずつ大きくしたり小さくしたりしながら、フィルターと接している縁の粉には直接お湯をかけないようにしながら注ぎます。
ドーナッツの穴にお湯を注ぐイメージです。 お湯を注ぐ位置は高くせず、粉に近い位置で注ぐのがおすすめです。
湯面の高さを一定に保つように速さを調整しながら、スケールで抽出量を確認しつつ、淹れたい量になるまで注ぎ続けます。



9.ドリッパーを外す

淹れたい量が抽出できたら、ドリッパーをお湯が残ったままの状態で外し、グラス等に移します。
注ぐお湯の量ではなく、抽出したコーヒーの量をはかることが大切です。



10.カップに注ぐ

最後にサーバーを軽く回して味を均一にして、温めたカップに注ぎます。



11. 完了

温度による味の変化を楽しみつつ、お召し上がりください。

自宅で淹れられる!スターターセット

当記事で使用している器具達です。

カイハウス「ザ コーヒーミル」(スノーホワイト)

価格8,640円(税込)

商品を詳しく見る

微粉取り

価格650円(税込)

商品を詳しく見る

カリタ「ガラスドリッパー185」

価格2,592円(税込)

商品を詳しく見る

カリタ「ウェーブフィルター185ホワイト」

価格648円(税込)

商品を詳しく見る

カリタ「500サーバーG」

価格1,944円(税込)

商品を詳しく見る

ユキワ「Mコーヒーポット(5人用)」

価格16,740円(税込)

商品を詳しく見る

タニタ「スティック温度計 TT-533」

価格1,620円(税込)

商品を詳しく見る

ハリオ「V60 ドリップスケール」

価格6,480円(税込)

商品を詳しく見る

ハリオ「V60  アルミシングルスタンド」

価格5,400円(税込)

商品を詳しく見る

淹れて楽しい、おいしい!
個性の異なる4銘柄

淹れてみるとはっきりと違いの分かる4銘柄をピックアップしました。
それぞれのコーヒー豆が育った大地の味を飲み比べ!

サン ミゲル

価格1,650円(税込)

商品を詳しく見る

ブルボン エリテ

価格1,650円(税込)

商品を詳しく見る

ンゴロンゴロ コンベント エステート

価格1,650円(税込)

商品を詳しく見る

アルト ルナ

価格1,650円(税込)

商品を詳しく見る