サン セバスティアン農園 ビジャロボス

サン セバスティアン農園 ビジャロボス

購入ページ
コーヒーの研究に熱心なサン セバスティアン農園から、コスタリカ生まれの「アラビカ種ビジャロボス亜種」が登場です!酸味は控えめで、甘みとボディの強さが特徴的なコーヒーです。マイルドなタイプがお好きな方、プレゼントなどでお好みが分からない場合など、幅広い方にお勧めです。

【風味の傾向】
ローストアーモンドの風味にキャラメルのような甘みと香ばしさが重なる。酸味は控えめでしっかりとした飲み応え。
生豆生産国:グアテマラ
生豆産地:アンティグア
農園:サン セバスティアン
セクション:ドゥラスノ グランデ
農園主:エストゥワルド・ファジャ・カスティージョ
標高:1,800m
栽培品種:アラビカ種ビジャロボス亜種
サイズ:スクリーン16~18
原料豆輸送:リーファーコンテナ

サン セバスティアン農園 ビジャロボス が好きな貴方にお勧めの銘柄

ブルーマウンテン ジュニパー ピーク農園

ブルーマウンテン ジュニパー ピーク農園

カルメン農園

カルメン農園

ベジャビスタ農園

ベジャビスタ農園

コスタリカ生まれの「ビジャロボス」


日本ではまだまだなじみの薄い「ビジャロボス」。コスタリカで確認されたアラビカ種ブルボンからの突然変異種で、他種よりも干ばつに強く、実の凝縮した味わいが特長です。グラン クリュ カフェでもおなじみのグアテマラ・アンティグアのサン・セバスチャン農園には3代目農園主のアルトゥーロ・ファジャが植え始めたそうです。


僕が初めて同農園を訪れたのは1989年2月。甥の4代目農園主のマリオは、叔父のことを「コーヒーの研究に熱心な人だった」とよく話していました。アルトゥーロは干ばつに備えてこの品種を採り入れたのでしょう。他国の生産事情や栽培技術の情報を収集し取り入れる情熱は5代目のエストゥワルドにも色濃く引き継がれています。

ビジャロボスが植えられている畑はドゥラスノ・グランデ。グラン クリュ カフェの特級畑コンセプション・ドゥラスノに隣接する土壌や気候条件に優れた場所です。以前から気になっていたのですが、やっと皆さんの元にお届けできるようになりました。是非この品種の良さを楽しんでください。
サン セバスティアン農園 ビジャロボス

サン セバスティアン農園 ビジャロボス のフレーバーや味わいを購入ページで見る