ラス ラハス農園 ナチュラル

コスタリカ
ラス ラハス農園 ナチュラル

長年探し続けてついに巡り合ったSL28。ラス ラハス農園の最高標高区画でつくられるナチュラルは、NATURE CAFEシリーズにふさわしい新たな銘柄として、自信をもってご紹介します。

【風味の傾向】
直線的で凛とはった酸が全編にわたって個性を主張。そのボリューム感がそのままボディの強さとつながり、果実であるコーヒーの酸味のすべてを凝縮させたかのよう。
生豆生産国:コスタリカ
生豆産地:セントラルバレー/サバナ レドンダ デ ポアス
農園:ラス ラハス
セクション:ロス ピントス
農園主:オスカル・チャコン
標高:1,700m
栽培品種:アラビカ種SL28
サイズ:スクリーン16-18

ついに巡り合った品種

SL28は、イギリスの植民地時代だった1930年代にケニアで生まれた品種です。イギリスは、植民地支配の過程で、熱帯農業の研究を進めました。そしてケニアに設立したのがスコット農業研究所(Scott Agricultural Laboratories)です。この研究所のコーヒー部門で研究された栽培種には、すべて頭文字のSLが付き、番号は検体の認識番号です。イギリス領だったタンザニアで、研究員が乾燥に耐性があるブルボン亜種を見つけ、それを研究所に持ち帰り種の固定化をさせたのがSL28です。
この栽培種は、旱魃に強いだけではなく、非常に香りがよいコーヒーとして東アフリカで広まりましたが、最近ではサビ病に耐性があり多収量の新しい栽培種に押されてしまいあまり見かけなくなりました。
以前からこの栽培種に興味を持ち探し続けてきました。しかし見付けても、肥培管理が悪かったり、他の栽培種と一緒に植えられていたりで納得できる品質に出会うことができないまま、長い年月が流れていきました。



コスタリカでSL28を栽培している熱心な生産者がいるという耳寄りな情報を仕入れ、2018年1月26日に訪問したのが、コスタリカの首都サンホセから1時間ほど北上したラス ラハス農園でした。
これまでのコーヒー探しの旅で、何度もガッカリして戻ることには慣れているので、大きな期待はしないで訪問しました。
ポワス火山でコーヒー栽培をするチャコン ファミリーは、1936年からコーヒー栽培に携わり、現在では1,300㍍、1,450㍍、1,500㍍、1,700㍍の4ヶ所でSL28を栽培していました。畑の作りかた、植え方を見れば、生産者のコーヒーに対する考え方がわかります。そして彼らの精選工場に行き、経験ある生産者だと確信を持ち一緒においしいSL28を日本に紹介しようと決心しました。



その中で、1,700㍍の畑ロス・ピントスで収穫された完熟豆を、NATURE CAFÉのラインナップに加えました。アフリカ生まれのSL28が、中米のコスタリカで蘇りました。

GrandCruCafeアプリ

ラス ラハス農園 ナチュラル のフレーバーや味わいをアプリで見る