国旗
エル サルバドル

セルバ ネグラ農園 ナチュラル

中米・エル サルバドルで、運命的な出会いを果たした「ケニア」。植物学的には存在しないものの、この魅力的なコーヒーは日本でのデビュー以来、多くのファンを虜にしてきた。このケニアの実を果肉が付いたまま乾燥させるナチュラル(非水洗式)で仕上げ、Grand Cru Caféライン初のナチュラル精選としてデビューを迎えた。

【風味の傾向】
いちごミルク、ショコラショー、チーズケーキの風味でまるでデザートのよう。舌に溶けるような質感とホワイトラムや山ぶどうの余韻。青い海の底に落ちていくかのような錯覚にとらわれる深遠な味わい。
生豆生産国:エル サルバドル
生豆産地:サンタ アナ
農園:セルバ ネグラ
セクション:レセルバ ケニア
農園主:フローレンス・ヒル・マティス
標高:1,750m
栽培品種:アラビカ種ケニア(呼称)
サイズ:スクリーン17~19

味、香りの特徴

2018年度

いちごミルク、ショコラショ―、チーズケーキの風味でまるでデザートのよう。舌に溶けるような質感とホワイトラムや山ぶどうの余韻。青い海の底に落ちていくかのような錯覚にとらわれる深遠な味わい。

2019年度

黒、赤、紫の色とりどりのベリーにあふれた、ジューシーな酸味。ネットリと重厚で、タンニンを思わせるグリップ力のあるボディ。時を重ねることでより大きな花を咲かせそうな、高い潜在性を感じさせる。

セルバ ネグラ農園について

何代にも渡りコーヒー作りに携わってきた名家マティス一族が守るセルバ ネグラ農園には、未知のコーヒーが残されていた。ケニアと呼ばれるその豆は、1960年代にアフリカを訪問したサルバドル人が野生種を持ち帰ったのが起源と言われる。エル サルバドルでも一部の地域だけで僅かに栽培されたが、現在はほとんど残っていない。アフリカのどこから来たのか、何故ケニアと呼ばれたのか、今となっては誰も知らない。
農園の管理人さえ気に留めなかったこの品種を川島良彰が見出したが、農園主ロベルト・マティス・レガラードの品質への理解と志なくして日本に届くことはなかった。


コーヒーの生産国として知られる中米・エル サルバドルの中でも、グアテマラ国境に近いサンタ アナ地方は、火山灰性の土壌から上質の酸味を持ったバランスの良いコーヒーを産出する。

2008年、僕は特級畑を探すためにサンタ アナ火山山麓を走り回っていた。そこで「セルバ ネグラ農園」と運命的な出会いをした。それまで見たことのないコーヒー樹に付いている赤い実は、他の品種と比べて大粒で、その上チェリーを指で抓むととっても甘いミューシレージ(豆を覆う粘質)が滴り落ちてきた。この地域で「ケニア」と名付けられた不思議なコーヒーに、一瞬にして僕は魅了されてしまった。生産性が低いので、コーヒーからアボカド栽培に切り替えようとしていた農園主に、“この品種を守り、増やして日本に紹介しよう”と説得し、僕の想いに共鳴してくれた農園主によりこの樹は残された。この樹で育ったケニアは、後にGrand Cru Café「セルバ ネグラ農園」として日本でデビューすることになる。

発売して以来、繊細で独特の味わいをもつこのコーヒーは、多くのコーヒーファンを虜にしてきた。これだけミューシレージが多いから、ナチュラルで精選させたら、さぞかしおいしいコーヒーができると予想し、満を持して2018年の収穫に挑戦した。
GrandCruCafeアプリ

セルバ ネグラ農園 ナチュラル のフレーバーや味わいをアプリで見る