国旗
グアテマラ

サン セバスティアン農園 セミ ウォッシュト

中米・グアテマラにある名園「サン セバスティアン農園」から、Grand Cru Caféで初めてのセミウォッシュトが届きました。豆の周りに残る甘いミューシレージ(粘質)が、独特の甘みをもたらし、かつてないほどのミルキーな味わいのコーヒーが完成しました。

【風味の傾向】
まさにホットミルクの濃厚な風味。コンデンスミルクのような質感。怒涛の甘さの極致。無類の厳しい環境で育った果実を使った、特異な乾燥法だけが実現する、限られた職人芸が成す至高の芸術品。
生豆生産国:グアテマラ
生豆産地:アンティグア
農園:サン セバスティアン
セクション:コンセプション ドゥラスノ
農園主:エストゥワルド・ファジャ・カスティージョ
標高:2,000m
栽培品種:アラビカ種ブルボン亜種
サイズ:スクリーン16~18

味、香りの特徴

2018年度

まさにホットミルクの濃厚な風味。コンデンスミルクのような質感。怒涛の甘さの極致。無類の厳しい環境で育った果実を使った、特異な乾燥法だけが実現する、限られた職人芸が成す至高の芸術品。

2019年度

ヨーグルトや生クリームを思わせる、ミルクリッチなアロマと味わいが支配的。主張は強すぎないものの、確かなバックボーンをもった甘さに柔らかな酸が溶け込み、上品でとろけるアフターが心地よい。

サン セバスティアン農園について


中米・グアテマラにある古都アンティグアは、教会やコロニアル建築、石畳など、植民地時代の面影が残る美しい街で、1979年にユネスコ世界遺産にも登録されている。

1890年、この街にサルバドール・ファジャ・サントスが「サン セバスティアン農園」を開園して以来、1世紀以上に亘り一族により大切に守られてきた。この農園の素晴らしさは、栽培、精選技術の高さに加え、国際相場に関係なく品質のためにコストを掛け品質第一主義を貫く姿勢だ。現在では、五代目農園主エストゥワルド・ファジャが伝統を受け継ぎ農園を守り続けている。


この名園の中で、トップブランド「Grand Cru Café」のブルボン種が育つ特級畑は、標高2,000mの高地にある。標高が高い分収穫量は少ないが、標高の高さが生む昼夜の寒暖差によりコーヒーチェリーはゆっくりと時間をかけて熟し、非常に密度の高いコーヒーが育つのだ。

2016年、標高1,700メートルの畑で収穫したブルボンを、試験的にセミ ウォッシュトで精選したところ、まるでミルクが入っているのかと錯覚する不思議なコーヒーができあがった。2017年、これを新しいミカフェートのブランドライン「RESERVA」の一つ、『ミルキー ブルボン』として世に送り出し、多くのコーヒーファンを驚かせた。

ここで得た加工技術を元に、2018年、満を持して特級畑コンセプション ドゥラスノで収穫されたブルボンで、セミウォッシュトに挑戦した。

コーヒーチェリーの果皮を剥き、ミューシレージ(甘い粘質)が着いたまま乾燥させるこの製法セミウォッシュトは、非常にデリケートな作業だ。太陽光と風で徐々に乾燥させるが、一歩間違えるとカビが生え全滅してしまう。世界で農園の中でも、飛び抜けた乾燥技術を持つサン セバスティアン農園だからこそなし得たコーヒーだ。
GrandCruCafeアプリ

サン セバスティアン農園 セミ ウォッシュト のフレーバーや味わいをアプリで見る