国旗
パナマ

コトワ農園 リオ クリスタル ゲイシャ バーガンディ ナチュラル

特級畑「リオ クリスタル」収穫されたゲイシャ亜種を、"ナチュラル(非水洗式)"で仕上げました。果肉がついたまま乾燥させるナチュラルの精選方法では、コーヒーチェリーを一粒ずつ重ならないように広げ、数時間ごとに反転させ、太陽と風で徐々に乾燥させていきます。その生産量は、農園全体の僅か0.2%のみ。農園主リカルドとミカフェートが作った非常に希少なコーヒーです。

【風味の傾向】
プラムをイメージさせるアロマ、オレンジピールとカカオの風味が舌を包み込むように広がる。まろやかで甘いアフターテイスト。
生豆生産国:パナマ
生豆産地:ボケテ
農園:コトワ
セクション:リオ クリスタル
農園主:リカルド・コイナー
標高:1,900m
栽培品種:アラビカ種ゲイシャ亜種
サイズ:スクリーン16~18

味、香りの特徴

2013年度

完熟したベリーやワインのようなアロマとフレーバーに、オレンジピールやカカオの風味が織り重なる、華やかで複雑な印象。甘くうっとりするような余韻が長く続く。

2014年度

プラムやブルーベリーの果実香にシナモンのニュアンス。爽やかな酸は洋ナシのよう。複雑に広がるフレーバーで、アフターにサクランボジャムや軽めの赤ワインを感じる。飲んでいてうっとりさせる妖艶なイメージ。

2015年度

濃厚な甘いフルーツの風味。口に広がる余韻は蜜のように甘く、まさに貴腐ワインを思わせる。

2016年度

甘く華やかなフルーツの風味。ハチミツのような濃密な質感。後味の甘酸っぱさがさわやかな印象を残す。

2017年度

イチゴ、白桃の熟れた甘みの強い風味。生クリームのような質感。余韻にベルガモットの香りを感じる複雑な味わい。

2018年度

グランマニエを思わせる甘い風味。透き通った水のような質感でいて粘性のある香気。ゆっくりと豊かに味蕾を潤していく旨み。雨後の美しい曙光が段々にあらわれるように広がる余韻。

コトワ農園について

"創始者はカナダの政治家アレグザンダー・ダンカン・マッキンタイアー。1918年、政争に疲れ果て新天地での暮らしを夢見ていた彼は、新聞でパナマのコーヒー名産地、ボケテを知り興味を抱いた。早速、現地へ赴き、ミステリアスなバルー火山の麓に広がる景色と爽やかな気候に魅入られて移住を決意し、コーヒー栽培を始めた。当時は、電力がボケテに届いていなかったため、バルー火山から流れる豊富な水を利用して水力発電のコーヒー精選工場を作り、全て自然の状態で栽培から精選・乾燥まで行った。

収穫が始まりヨーロッパに向けて輸出するようになったが、サンプルを送って返事が来るまでに数か月掛かり、価格交渉も今のようにメールで瞬時にやり取りができる訳ではない。コーヒーが売れるまで農園は、現金収入が無いから労働者に賃金も払えない。農園労働者は、家族と共に農園内で生活していて、生活必需品も農園の経営するよろず屋で購入していた。そこで農園内で流通する硬貨を作り急場を凌ぎ、代金が届くと通貨と交換した。これはコトワ農園に限ったことではなく、当時そこそこの規模でコーヒー栽培をしていた農園は、農園内のみで通用する硬貨を持っていた。しかしコトワの硬貨は、オーナーの人柄と信用からボケテの町の商店でも通用したそうだ。

現在は、4代目のリカルド・コイナーが、受け継いだ伝統的な製法に、近代的な農法を取り入れて素晴らしいコーヒーを生産している。彼はホンジュラスにある中米でも屈指の名門であるサモラーノ農業学校を卒業し、その後フロリダ大学農学部を卒業、さらに同大学で環境開発学と経営学の修士号を取っている。バルー火山の自然の恵みに敬意を抱き、生物の多様性を守りながら、地元インディオと共にコーヒー栽培に取り組んでいるこの農園のコーヒーは既に知名度が高い。"

待望のリオ クリスタルのゲイシャ亜種


2008年からグラン クリュ カフェを出荷しているコトワ農園のオーナー、リカルド・コイナーとは、いつか農園内で一番温度が下がる畑リオ クリスタルで、最高級のコーヒー栽培に挑戦しようと話していました。しかし、数年前に彼がこの畑にゲイシャ亜種を植えると言った時には驚きました。まさか栽培の難しいゲイシャ亜種で挑戦するとは思ってもみなかったからです。

ゲイシャ亜種はエチオピアの生まれの原種ですが、とても気難しいコーヒー樹で、環境が合わないと成長も非常に遅い上に開花も少なく、生産者をがっかりさせます。他の品種に比較して雨の多い場所を好み、風の影響を受けにくい環境ではよく育ち、見事な風味を醸し出す品種です。しかしリオ クリスタルの低温が、この品種に適しているのか不安でした。栽培が始まり、予想通りの成長の遅さにヤキモキさせられましたが、ようやく今年初めての収穫を迎えました。高地で寒暖の差が大きいため、この地域でも一番遅く収穫された密度の高いコーヒーです。



ゲイシャ亜種は、新葉がブロンズ色と緑色の2タイプありますが、ブロンズはナチュラル(非水洗式)で仕上げるのに適しています。そのブロンズのチェリーのみを収穫し、赤い果肉を取らずにそのまま天日でじっくり乾燥させたのが、リオ クリスタル ゲイシャ バーガンディ ナチュラルです。
果肉を取り除いてから乾燥させるウォッシュド(水洗式)では、天日で乾燥させるのにおよそ10 日~12 日かかりますが、果肉がついたままのナチュラルの精選方法では、その倍の時間を要します。それもただ広げておくのではなく、一粒ずつを重ならないように広げ、数時間おきに豆を反転させ、太陽と風で徐々に乾燥させていきます。
独特のフローラルな香りで有名になったパナマのゲイシャ亜種を、かつて誰も植えなかったような高地で栽培し、個性を強める為にあえて手間のかかるナチュラル仕立てにしました。リオ クリスタル ゲイシャ バーガンディ ナチュラルの量は、コトワ農園の総生産量の僅か0.2%のみ。これは、オーナーのリカルドとミカフェートが、皆様のために作ったコーヒーの宝石です。
GrandCruCafeアプリ

コトワ農園 リオ クリスタル ゲイシャ バーガンディ ナチュラル のフレーバーや味わいをアプリで見る