パーカス ダーク

パーカス ダーク

この品種を世に送り出した人物の名が「パーカス」。栄養をたっぷり吸収すると、大きく高密度の実をたわわに実らせます。やや深煎りで仕上げました。

【風味の傾向】
香ばしく甘い風味。後味は爽やかな飲み口と優しい苦味を伴います。青空の下ゆっくりと飲みたくなるすっきりとした味わいです。
生豆生産国:エル サルバドル
生豆産地:サンタ アナ
農園:サン ホセ農園
標高:1,500m
栽培品種:パーカス
原料豆輸送:リーファーコンテナ

パーカス ダーク が好きな貴方にお勧めの銘柄

ラグリマ デ アンデス ダーク

ラグリマ デ アンデス ダーク

レクエルド デ イヴァン ダーク

レクエルド デ イヴァン ダーク

サン ミゲル ダーク

サン ミゲル ダーク

逞しきパーカス

エル サルバドルを代表する品種にパーカスがあります。これは、この国で生まれたブルボン亜種から起きた突然変異種です。背が高くなるブルボンに比べ小振りで、しかし葉が大きめで高収量が特徴のコーヒーです。グアテマラ国境に近いサンタ アナ火山にあったサルバドール ポルティージョ氏の農園で、この突然変異種は見つかりました。彼はコーヒーの品種に精通した生産者だったので、自分のブルボンの畑の中で他の樹とは違うコーヒー樹を見極めることができたのです。そしてこの品種を固定化させ、世に出したのが、やはりサンタ アナ地方の生産者パーカス氏でした。それゆえパーカスという名がついたのです。

2012年1月にエル サルバドルを訪問した際、ブルボン エリテを作ってくれているサン ホセ農園で、元気に育っているパーカスの樹に会いました。その樹々は逞しく育ち、充分に栄養を与えられた葉は深い緑で肉厚、枝には密度が高い実が付いていました。


サン ホセ農園は、2008年にGrand Cru Caféを探していたときに訪れた農園です。管理が行き届いた良い農園でしたが、僕の求める基準には後一歩届かず、諦めて農園を後にしました。COFFEE HUNTERSシリーズを日本の市場に紹介する際、サン ホセ農園のコーヒーを必ず入れようと思っていました。そして先に紹介したのがブルボン エリテです。それに続き、この農園で大切に育てられたエル サルバドル生まれのパーカス亜種を日本のコーヒーラバーズの皆さんに紹介いたします。