ハワイ コナ ブレンド

ハワイ コナ ブレンド

購入ページ
ハワイ島特有のテロワールで育まれた純粋なティピカと、「COFFEE HUNTERS」のプロ フラグアをブレンドしました。

【風味の傾向】
2つの銘柄の相性の良さを活かし、単純な甘さではなく、アフターテイストに陰影のある余韻を表現しました。滑らかなマウスフィールが魅力です。
生豆生産国:ブレンド
生豆産地:ハワイ州ハワイ島コナ/クンディナマルカ県
農園:グリーンウェル農園/フラグア農園
農園主:トミー グリーンウェル/フォアニータ シニステーラ フンギート
標高:570m/1,500m
栽培品種:アラビカ種(ティピカ亜種)/アラビカ種(カトゥーラ亜種、コロンビア亜種)
原料豆輸送:アメリカ合衆国 航空貨物/コロンビア リーファーコンテナ

ハワイ コナ ブレンド が好きな貴方にお勧めの銘柄

ブルーマウンテン ブレンド

ブルーマウンテン ブレンド

ルナ ルストローサ

ルナ ルストローサ

プロ フラグア

プロ フラグア

長い歴史を持つ 2つの農園から


ハワイ島南コナのグリーンウェル農園は、マウナロア山(標高4,169m)の西側斜面に位置します。常夏の太陽で暖まった畑が、夜になると冷たい吹き下ろしで一気に温度が下がり、この寒暖差がおいしさの秘密です。
1850年、ヘンリー ニコラス グリーンウェルがイギリスからコナに移住し「グリーンウェル農園」を開園しました。3代目のノーマンは、非常に熱心な生産者で、1989年農園開発の為にコナに引越した僕は、彼にたいへんお世話になりました。残念ながらノーマンは、1992年に亡くなりましたが、息子のトミーが継承し農園を守っています。今回トミーの協力を得て、この贅沢なコナブレンドができあがりました。ハワイの青い海を見下ろすティピカ100%の畑から、完熟豆だけを収穫してもらいました。
コロンビアのクンディナマルカ県にあるフラグア農園も、1876年イタリアから移住したシニステーラ家が拓いた歴史ある農園です。農園内の精選工場には、当時使った機械が保存されていて、そこはまさしく博物館。しかしコロンビアの内戦の影響で、農園主も労働者も危険で農園に近づけず荒廃してしまいましたが、ゲリラの活動が下火になると、4代目の女性農園主フォアニータは、頻繁に農園を訪れ見事に復活させました。この風光明媚な農園のシンボル的な山がメディア ルナ(半月)。この頂の真下の畑のコーヒーを、コナのブレンドに選びました。
長いコーヒー栽培の歴史を持つ2つの農園が醸し出す特徴を生かしたブレンドコーヒーです。

ハワイ コナ ブレンド

ハワイ コナ ブレンド のフレーバーや味わいを購入ページで見る