ムンド ノボ

ムンド ノボ

ほとんど姿を消してしまったブラジル生まれのムンド ノボを、長年探し続けてきました。そしてようやく納得できる品質を作る生産者に巡り会えました。ブラジルでは珍しい、完全手摘み・天日乾燥のコーヒーです。

【風味の傾向】
しっかりとした甘みがあり、まろやかな口当たり。ナッツ系の風味とマスカットのような柔らかな酸。豊かで温かみのある味わいです。
生豆生産国:ブラジル
生豆産地:アンドラダス
農園:サンタ ルジア農園
農園主:ホセ・カルロス・マッサロ
標高:1,250m
栽培品種:ムンド ノボ

ムンド ノボ が好きな貴方にお勧めの銘柄

マラゴジッペ

マラゴジッペ

マリアス トレス ナチュラル

マリアス トレス ナチュラル

ピンク ブルボン

ピンク ブルボン

シリーズ初のブラジルコーヒー


1940年代、ブラジルのカンピーナスの農業試験場で、スマトラ産のティピカ亜種とブルボン亜種の自然交配種が確認されました。高品質の上に、ブルボン亜種より30%収量がよいこの新品種は、ムンド ノボ(新世界)と名付けられ、ブラジルを代表する主品種として有名になりました。しかし、1970年にサビ病がブラジルに伝染して以降は、徐々に品質より病気に耐性のある小ぶりの人口交配種が持て囃されるようになり、また自走式機械収穫機が開発されたことも、ムンド ノボが姿を消す一つの原因になったといえます。樹高の高いこの品種は、機械収穫機に合わないからです。

長年に渡って情報を集め続け、ブラジルを訪問する度にこのブラジル生まれの美味しいムンド ノボを求めて各地を探し続けてきましたが、僕をゾクゾクさせてくれる畑にも生産者にも遭遇しませんでした。しかし、2015年10月19日、ようやくミナスジェライス州アンドラダラスで素晴らしい生産者に巡り会えました。彼は、イタリア移民三世のホセ・カルロス・マッサロ。家も畑も驚くほど手入れが行き届いていて、質素ですが心豊かな生活をしている一家です。この年の収穫は既に終わっていましたが、彼と農園を歩き回り一番気に入った畑を選んで翌年の収穫に期待して帰国しました。

2016年、収穫期に再び訪問し、見事に赤く実ったチェリーを、機械を使わずに全て手摘みで収穫してもらいました。樹を痛めたくなかったし、最高の完熟豆だけを集めたかったからです。 ミカフェートにとって、初めてご紹介するブラジルのCOFFEE HUNTERSシリーズです。そして初めてのイタリア系生産者の作ったコーヒーをお楽しみください。