ラグリマ デ アンデス ダーク

ラグリマ デ アンデス ダーク

アンデス山脈を越えた先に整然と並ぶカトゥーラの樹。それは、上質なコーヒー作りに励み続ける農園主の努力が結実したコーヒーです。

【風味の傾向】
やや深煎りで仕上げました。甘く柔らかな口当たり。フルーティな甘みが広がり、後味にはほのかな苦味を感じます。穏やかな午後の陽射しに包まれるような、優しさあふれる味わいです。
生豆生産国:ペルー
生豆産地:チョンタリ村
農園:アラディーノ デルガード農園
農園主:アラディーノ・デルガード
標高:1,875m
栽培品種:カトゥーラ
原料豆輸送:リーファーコンテナ

ラグリマ デ アンデス ダーク が好きな貴方にお勧めの銘柄

レクエルド デ イヴァン ダーク

レクエルド デ イヴァン ダーク

サン ミゲル ダーク

サン ミゲル ダーク

パーカス ダーク

パーカス ダーク

アンデスの涙

ペルーで美味しいコーヒーを探そうと思い立ち、2011年11月に僕が目をつけたのは、エクアドル国境地域のコーヒーでした。首都リマから飛行機で北上し、北部の主要都市チクラヨから車に乗り換えアンデスを目指します。アンデス山脈を越え、悪路を7時間ほど走ると、ハエン郡チョンタリ村に辿り着きました。ここが今回の僕の目的地。


素晴らしいアラビカ種カトゥーラ亜種を栽培している生産者がいると聞いていたのですが、それがアラディーノ デルガードでした。
彼は1975年、チョンタリ村郊外に農園を開きました。当初は暗中模索の中でのコーヒー栽培でしたが、徐々に自信を付け、その上現在では息子二人が手伝うようになりました。そして余裕ができた2008年、新たに開発した高地にカトゥーラ亜種を植えたのです。山裾に広がる海抜1,875mのこの畑は、旅の疲れを一気に吹っ飛ばしてくれました。まさしく彼の30年の経験を集結させた畑に、カトゥーラの幼木が気持ちよさそうに並んでいました。
僕は農園を歩きながら振り返り、「アラディーノ、いい畑を作ったね!おめでとう」と言いました。彼は照れくさそうにはにかみ、目を瞬たせていました。"ラグリマ デ アンデス(アンデスの涙)"は、アラディーノの嬉し涙であり、また、このコーヒー樹を潤す優しい雨(涙)に恵まれるようにとの願いを込めて名付けました。