サン ミゲル ライト

サン ミゲル ライト

100年以上の伝統技術と品質第一主義の姿勢が結実した高品質のブルボンです。浅煎りで仕上げました。サンドイッチや軽食にぴったり。ティータイムにお勧めのコーヒーです。

【風味の傾向】
ブラウンシュガーのような甘い風味。まったりとした口当たりと共に、さわやかなシトラス系の酸味が広がります。
生豆生産国:グアテマラ
生豆産地:アンティグア
農園:サン ミゲル農園
農園主:エストゥワルド・ファジャ・カスティージョ
標高:1,500〜1,700m
栽培品種:アラビカ種ブルボン亜種
原料豆輸送:リーファーコンテナ

サン ミゲル ライト が好きな貴方にお勧めの銘柄

ラグリマ デ アンデス ライト

ラグリマ デ アンデス ライト

グアテマラで代々農園を守るファジャ家

1989年、当時グアテマラに住んでいた僕のコーヒー研究所時代の恩師に「コーヒーの品質とは何かを一から勉強しなさい」と案内されたのが、アンティグア地区のサン セバスティアン農園でした。この農園は、スペインから移住したサルバドール・ファジャ氏が1890年に開いてから、最高級のコーヒーを求めてファジャ家に営々と受け継がれてきた農園です。コストよりも品質第一を徹底したこの農園のコーヒー栽培から多くのことを学びました。現在サン セバスティアン農園ではGrand Cru CaféとPremier Cru Caféを栽培してもらっています。

サン セバスティアン農園の三代目の総支配人アルトゥーロ・ファジャは、隣接する農地を購入してサン ミゲル農園と名付け、二つの農園経営を始めました。現在では息子のエストゥワルドがサン ミゲル農園を経営しています。サン ミゲル農園にもファジャ家の品質に対する伝統は息づいており、素晴らしいブルボンを市場に送り出してきましたが、残念ながら日本市場にはあまり紹介されていませんでした。2011年、いつものようにサン セバスティアン農園を訪ねた僕は、前から気になっていたサン ミゲル農園のコーヒーをテイスティングさせて欲しいとエストゥワルドに依頼しました。その味わいは、さすがファジャ家のコーヒー、本当においしいブルボンでした。その中でもエストゥワルドと一緒に特別に選別したコーヒーが「サン ミゲル」です。