Creating Shared Value

コーヒーで世界を変えるミカフェートの挑戦

世界中で飲まれ、その土地ごとに独自の文化を広げてきたコーヒー。関わる人の数が世界最大の産業です。ほとんどが発展途上国で栽培され、先進国で消費されています。だからこそ、コーヒーで世界を変えることもできるのです。コーヒー産業が変われば、世界の社会や環境問題の解決にも繋がるのです。

ミカフェートは、タイ王国メーファールアン財団が手掛けるドイトゥンプロジェクトの技術指導、ルワンダでのJICAプロジェクト支援、コロンビアのフェダール農園への支援を行っています。社会環境に配慮したコーヒー栽培や農園管理の指導を行うことで、その国が抱える社会問題(麻薬栽培、失業、貧困など)を解決しつつ品質を高め、さらにそのコーヒーを消費する市場を生み出してサステイナブルな関係を構築する事を目指しています。
CSVとは、企業活動を通じて社会課題の解決に貢献しつつも、企業も継続的成長に必要な経営資源を獲得し、社会と企業が共有できる価値を生み出す事を目指す経営コンセプトです。

サステイナブル・コーヒー・チャレンジ

SUSTAINABLE COFFEE CHAJJENGE
ミカフェートは、持続可能な開発に取り組む国際NGO、コンサベーション・インターナショナル(※1)が立ち上げた「サステイナブル・コーヒー・チャレンジ(SCC)※2」に、2016年11月30日(水)、日本企業として初めて(※3)誓約を提出いたしました。環境問題、人権問題、そしてコーヒー供給の維持を目的とするSCCに参加し、ミカフェートがかつてより取り組んできたサステイナブルな活動を、具体的な目標に沿って定期的に報告し、より透明性の高い企業として運営して参ります。

ホームページはこちら

※1 コンサベーション・インターナショナル(CI)とは、科学的で具体的な目標を掲げて次世代に豊かな自然を引き継ぎ、持続可能な社会の実現を目的に設立された国際環境NGOです。
※2 この度ミカフェートが誓約を発表した「サステイナブル・コーヒー・チャレンジ(SCC)」とは、CIが管理を行い、各団体が環境・人権問題に対して目標とする具体的な数値、期間を意思表示し、定期的に報告する事を約束するものです。
※3 ミカフェートは、以前より環境、社会問題解決に取り組んできました。改めてSCCへ目標値と共に誓約を発表することで、企業としての透明性を高め、さらに他の参加組織の行動や計画の指針となり、結果的に生産者の生活保護、環境問題解決、コーヒー供給の維持に貢献することを目指しています。

ミカフェートの誓約

「2020年までに個々の農園から調達するコーヒー豆の100%を、ミカフェートのサステイナブルガイドラインに沿って確実に調達し、販売する。」
“ミカフェートは、コーヒー産業が変われば、世界の社会や環境問題の解決に繋がると信じています。私たちは、生産国と消費国の架け橋となり、コーヒーを通じた持続可能な社会作りに取り組んでいます。生産国では、明確な品質基準に基づくコーヒー生産支援を行い、様々なグレードのコーヒーに正当な対価を支払い、消費国では、多様なコーヒーの違いを納得して楽しんでいただけるよう、新たな市場を作り出しています。このために、私たちは世界中の農園を直接訪れて農家と環境を守るコーヒー生産指導を行い、ダイレクトトレーディングを実践し、生産者のストーリーと共にコーヒーをとどけています。この度、日本企業として初めてサステイナブル・コーヒー・チャレンジに参加し、世界中の同じ思いを持つパートナーと志を共有できることを、大変光栄に思います”
代表取締役社長 José. 川島 良彰

活 動 事 例

タイ王国 ドイトゥンプロジェクト

タイの王室系財団法人メーファールアンが実施するドイトゥン王室プロジェクト。
ドイトゥン地区は、チェンライ県のミャンマーと国境を接するゴールデン・トライアングル地域に位置し、地域の人々は長年麻薬(アヘン)栽培で生計を立ててきました。
メーファールアン財団は、貧困に根ざした悪循環(知識の欠如、麻薬栽培、売春、エイズ蔓延)からの脱却を目指し、麻薬栽培からコーヒー栽培への転作を支援するプロジェクトを立ち上げました。
2014年、ミカフェート代表José. 川島 良彰は、同プロジェクトの"コーヒーアドバイザー"に任命され、定期的に現地に向かい、ドイトゥン地区のコーヒーが東アジアを代表する品質と認められるよう技術指導しています。
現在、このコーヒーは、東京大学のオフィシャルコーヒーとして販売されているほか、Cafe&Meal MUJI全店舗で提供中のMUJIブレンドにも使用され、多くの反響を得ています。また同活動について、川島が共同座長を務める東京大学の研究室「コーヒーサロン」にて定期的に報告しています。

コロンビア フェダール農園支援

フェダール農園は、地域の障がい者を受け入れる民間施設が運営しており、現在約120名を受け入れています。農園の全体的な管理は健常者が担当し、施肥や収穫作業の際は障がい者が働いています。
「障がい者施設が作ったコーヒーだから不味くても買ってあげよう、ではなく、"おいしいから買いたい"と思われるコーヒー作りを目指しています。」という施設スタッフのアナ・マリアの言葉に共鳴した川島は、栽培に必要な技術指導を行い、日本での販売ルート確保のサポートをしています。定期的に農園を訪れて技術指導を続けた結果、品質は年々向上。スタッフ・生産者の努力もあり、年ごとに収量を増やしています。このフェダール農園のコーヒーは、良品計画が運営するCafe&Meal MUJI全店舗で提供中のMUJIブレンドにも使用中です。

ルワンダ 技術支援(JICA)

アフリカの中央に位置するルワンダ。
1994年に、100日間で約100万人もの命が奪われたジェノサイド(集団虐殺)が記憶に残りますが、2000年以降は見事な経済成長を遂げ、その復活は「ルワンダの奇跡」と呼ばれています。
2013年、川島は「独立行政法人 国際協力機構(JICA)客員専門員」に就任し、ルワンダのコーヒー事情を調査。その結果、栽培環境に恵まれているにもかかわらず、栽培技術や加工方法が国際市場で通用するレベルにはないことが大きな課題である事が浮き彫りになりました。さらに、ルワンダのコーヒー産業の大部分を支える小農家の生産者に栽培技術と、品質の重要性を理解してもらう事も重要です。この課題を払拭すべく、川島は定期的にルワンダを訪れ、サプライチェーン関係者向けにマーケティングや生産方法について講義を行っています。また、現地に派遣される青年海外協力隊員に、自ら栽培技術の講義や農家での実技指導を行い、指導を受けた隊員が現地で継続的に支援を行う仕組みを構築しています。
2017年、川島は「JICA コーヒー分野にかかる課題別支援委員会 委員長」に就任。"涙のコーヒーではなく、ルワンダからおいしいコーヒーを"。ミカフェートはこの言葉を胸に、これからも生産者とともに社会環境に配慮したコーヒー生産と、品質の向上に取り組んでいきます。